ページを訪れて下さり、誠にありがとうございます。

こちらは、新型コロナウィルス感染した方(陽性者)、またはその可能性のある方(検査拒否またはpcr陰性で、その後も症状が続く方)が、一緒に情報収集したり、世間へ私達の存在を訴えかけ、後遺症の研究が少しでも進むことを目的に立ち上げました。

海外では、積極的に陽性者だけでなく、陰性でも症状の続いてる人に対して後遺症の研究を進めています。日本では#長期不調組 とSNSで呼ばれています。

パンデミック初期の厳しいPCR基準によりすぐに検査できず、苦しんでいる人達がたくさんいます。ほとんどの人達は心因性にされて精神科へ回されています。日本のドクターたちに「コロナだったかもね、一緒にがんばろうね」と言ってもらえる事も一つの小さな目標にしていきたいと思います。それだけでも私達は心が救われるのです。

血栓からくる症状や神経系の難病まで幅広く体に影響を与えるこのウィルスに対して、日本でも治療・研究が進むことを望みます。

同じような活動をしているサイトもご紹介いたします→https://www.kouisho.com/

これまでの活動

  • 約750名の長期不調組・微熱組の署名を各学会に提出(2020年7月末)
  • 京大ips研究所所長 山中伸弥教授へ 長期微熱組の研究と存在を発信してほしい旨の嘆願書を提出(2020年7月中旬)